top of page

読んだ本から(2)

水牛や穀物倉や病気はそれ自体で存在するものだから、妖術はそれの存在については責任がない。 しかしながら、それらの原因が、ある特定の個人に対して破壊的な関係に置かれたという特定の状況については妖術に責任がある。 いずれにしても穀物倉は崩れ落ちたであろう。 しかし、ある特定の人間がその陰で休んでいるというある特定の瞬間にそれが起こったのは、妖術のせいである。 これら全ての原因の中で、妖術だけは人間が干渉して変更させることができる。 それは妖術がある一人の人間に発するものだからである。 水牛や穀物倉に対しては干渉の余地がない。 それらも原因と考えられてはいるけれども、社会的関係という面においては無意味である。 『クロード・レヴィ=ストロース 野生の思考』

関連記事

すべて表示

ChatGPTとの会話2(棚について)

「人類」「言語」「ナナフシ」「記号の解釈過程」の言葉を使って「棚」について認識論の考察をして下さい。 「棚」という言葉は、人類が言語を使って概念化し、ナナフシとして捉えることができるものであると考えられます。しかし、記号の解釈過程によって、「棚」が異なる人間によって異なる意味を持つことがあることが明らかになります。それぞれの人間は、自分自身の経験や文化的背景に基づいて「棚」を解釈します。したがって

猫のこと(2015年ごろ)

その一生のほとんどを、この狭苦しい賃貸住宅で過ごすであろう哀れな猫。 うわあうわあと、私に向かって奇妙な声で啼く。 その意味は(私の理解する範囲において)単純で、遊んで欲しい、オヤツが欲しい、トイレが汚い、水が欲しい、撫でて欲しい、などである。(表現にはジェスチャーも含まれる) 猫は、それらの享楽が、わたしや妻から与えられなければ、自らの力では決して手に入らない物であること、この狭苦しい部屋で、そ

bottom of page