top of page

骨が身体から離れて、勝手に仕事をしていることに気づいた。

何か作業をしている骨の後ろ姿を見ながら、腰の辺りに目をやる。

腰骨というのは、こんな形で太ももの骨と繋がっていただろうか。

写真や絵で随分みたことがある気がするが、どうも思い出せない。

腰骨というのはこれで正しい形なのだろうか。

どう見ても途中で折れたものをむりやりくっつけているような感じだ。

骨は作業に没頭しているから、後ろから見ていることに気づいていない。

眼球と脳はこちらにあるのだから、骨は目が見えていないはずだが、作業に支障はないのだろうか。

そんなことを考えていると、骨がこちらに気づいて振り返ったときのことを想像してしまった。

大きな二つの黒い穴がこちらを見つめ、お互い見つめ合うような状況になることを考えるとなんだか嫌な気持ちになり、骨がこちらに気づかないといいなと思った。

しかしいつかは骨のしている何らかの作業も終わるだろう。

いつまでもこのままという訳にはいかない。

こうなって初めて解ったのだが、基礎となる骨がないと身体中の筋肉が上手く働かず、それは目の周辺も例外ではない。

まばたきができないのだ。ということは、目を閉じることもできない。

当然、首を動かすこともできない。

いつか振り返った骨と目を合わせる時が来るまで、このまま見ていなければならないということだ。

関連記事

すべて表示

猫のこと(2015年ごろ)

その一生のほとんどを、この狭苦しい賃貸住宅で過ごすであろう哀れな猫。 うわあうわあと、私に向かって奇妙な声で啼く。 その意味は(私の理解する範囲において)単純で、遊んで欲しい、オヤツが欲しい、トイレが汚い、水が欲しい、撫でて欲しい、などである。(表現にはジェスチャーも含まれる) 猫は、それらの享楽が、わたしや妻から与えられなければ、自らの力では決して手に入らない物であること、この狭苦しい部屋で、そ

淡い色が好きだ。うすーいピンクとか。うすーい水色、少し黄色っぽい、あとうすーいグレーとか。 アイボリーも良い。 そういえば病院の病室のカーテンであるとか、棚の色やら機器の枠とか、だいたいそういう淡い色をしている。そこには、目に優しいとか柔らかい印象を与えるとか、様々な「配慮」があるだろう。当たり前のことだが、病院というのは病気になった人が入る場所で、通常は誰もが目を背けたくなるようなことであふれて

粘土をこねていたら指が切れてしまった。

「粘土をこねていたら指が切れてしまった」という文があったら、読んだ人は「粘土の中に折れたカッターの刃でも紛れ込んでいたのだろうか」と考えるだろうか。 粘土のような柔らかな物を触っていて突然に指が切れたら、例えば包丁を握っていて指を少し切ってしまう、などということよりショックが大きいかもしれない。 加えて、怪我の程度や粘土の大きさについては何も書かれていないから、こねられている粘土の大きさによっては

bottom of page