top of page

読んだ本から

したがって、真の批判の批判は、批判の論理をもう一度逆転させることではありえない。

それは、批判が用いている諸概念、諸手続き、これらの概念及び手続きの系譜、そしてそれらが社会的解放の論理と絡み合ってきた仕方を再検討することを通じて行われる。

とりわけ、批判のモデルの逆転の核心にあって、消えることのなかったイメージの歴史に、新たな眼差しを向けることを通じて行われる。それは、消費する個人は商品とイメージの反乱に溺れ、それらが与える偽りの約束に誘惑されている哀れな馬鹿者であるという、完全に使い古されてはいるがいつでも利用可能なイメージである。商品とイメージの有害な陳列をこのように脅迫的に気にかけたり、そうしたものの犠牲者であるとも知らずに良い気になっているものたちをこのように描き出したりすることは、バルト、ボードリヤール、あるいはドゥボールの時代に生まれたわけではない。それは十九世紀の後半に、ある特別なコンテキストのなかで台頭してきたのである。

「ジャック・ランシエール 開放された観客」 

関連記事

すべて表示

ChatGPTとの会話2(棚について)

「人類」「言語」「ナナフシ」「記号の解釈過程」の言葉を使って「棚」について認識論の考察をして下さい。 「棚」という言葉は、人類が言語を使って概念化し、ナナフシとして捉えることができるものであると考えられます。しかし、記号の解釈過程によって、「棚」が異なる人間によって異なる意味を持つことがあることが明らかになります。それぞれの人間は、自分自身の経験や文化的背景に基づいて「棚」を解釈します。したがって

猫のこと(2015年ごろ)

その一生のほとんどを、この狭苦しい賃貸住宅で過ごすであろう哀れな猫。 うわあうわあと、私に向かって奇妙な声で啼く。 その意味は(私の理解する範囲において)単純で、遊んで欲しい、オヤツが欲しい、トイレが汚い、水が欲しい、撫でて欲しい、などである。(表現にはジェスチャーも含まれる) 猫は、それらの享楽が、わたしや妻から与えられなければ、自らの力では決して手に入らない物であること、この狭苦しい部屋で、そ

bottom of page