top of page

読んだ本

さらにこんなことが考えられるだろう。普通の人間にとって、もっとも強い憧れの的でありながら、同時に完全に現実的な存在となるのは、手の届かない人々である。誰でもイギリスの女王やその妹の大公妃や、アメリカ大統領の元夫人や、有名な映画スターのことを知っている。ということは、つまり、こういった人々の存在を直接(例えば、手で触って)確かめることなどできないにもかかわらず、正常な人間ならば、彼らが実在することを少しも疑わないのだ。一方、そういった有名人と直接知り合いだということを自慢できる者は、もはや知り合いの有名人の姿に富や、女らしさや、権力や、美などの驚異的な理想を認めることはないだろう。なぜならば、有名人と個人的に付き合うようになれば、日常茶飯事のせいで、有名人にも全く平凡で、普通の人間的欠陥があることが分かってしまうからである。近くで見ればそういった有名人も、結局のところ、神々しい存在でもなければ、並外れた存在でもないのだ。したがって、本当にこの上なく完璧で、それゆえ、限りない憧れや欲望や期待の対象となることが可能なのは、全く手が届かないくらい遠くにいる存在だけである。彼らは群集より一段高いところにいるからこそ、群衆をひきつける魅力を持っている。彼らの誘惑的な後光を作り出しているのは、その身体や精神の特徴ではなく、超えることのできない社会的距離なのだ。

『スタニスワフ・レム「完全な真空」沼野充義・工藤幸雄・長谷見一雄訳』

関連記事

すべて表示

ChatGPTとの会話2(棚について)

「人類」「言語」「ナナフシ」「記号の解釈過程」の言葉を使って「棚」について認識論の考察をして下さい。 「棚」という言葉は、人類が言語を使って概念化し、ナナフシとして捉えることができるものであると考えられます。しかし、記号の解釈過程によって、「棚」が異なる人間によって異なる意味を持つことがあることが明らかになります。それぞれの人間は、自分自身の経験や文化的背景に基づいて「棚」を解釈します。したがって

猫のこと(2015年ごろ)

その一生のほとんどを、この狭苦しい賃貸住宅で過ごすであろう哀れな猫。 うわあうわあと、私に向かって奇妙な声で啼く。 その意味は(私の理解する範囲において)単純で、遊んで欲しい、オヤツが欲しい、トイレが汚い、水が欲しい、撫でて欲しい、などである。(表現にはジェスチャーも含まれる) 猫は、それらの享楽が、わたしや妻から与えられなければ、自らの力では決して手に入らない物であること、この狭苦しい部屋で、そ

bottom of page