top of page

読んだ本「手長足長 土蜘蛛研究」

手長、足長については日本紀に面白い解釈がある。神武天皇が葛城の土蜘蛛を誅し給う条に、「土蜘蛛の人と為りや身短く手足長く、侏儒と相類す」とある。

土蜘蛛の民族的研究は、いずれ本誌上で詳論する予定であるが、結局は先住民族の或る者に対した貶称で、摂津風土記に説明してある如く、彼ら穴中に居たからの名であろう。

これを日本語によって旧説の如く「土籠(つちごもり)」と解するか、中田法学博士のかつて史学雑誌で論ぜられた如く、アイヌ語のトンチカムイすなわち土窟中の住民を呼んだ名だとするか、いずれにしても穴住居の先住民を賤んで呼んだという風土記の説は動かぬ。

これを古書には往々「土雲」と仮字書きしてあるが、普通に「土蜘蛛」の文字を当てるので、虫の蜘蛛に連想して、身短かく手足長き人だとの説も起ったのである。

喜田貞吉著『手長足長 土蜘蛛研究』1919年

関連記事

すべて表示

ところで、われわれがある実際に存在するバラの茂みのことを思うとき、われわれはその思いが実際に存在する茂みのところまで行き、サーチライトで照らすようにそれにまといつくとは考えない。 それでは、われわれはバラの茂みのことを考えるとき、われわれの意識が交渉を持っている相手は何だと思っているのであろうか。 多分、バラの茂みではなくて、それの心的代用物であるところの「心的映像」と交渉を持っていると考えるだろ

手向けの小石、それは賽銭の原形である。 神に詣で、投げてささげる賽銭が金銭故に、授かるはずの御利益の代償のように思われ勝ちだが、実際は金額にそんなに高下のないのをみればもっと別の意味があると思うべきだ。 賽銭はやはり手向けである。 私たちが神と交流をもとうとするとき、その橋渡しに手向けの心と、物としての賽銭の用意を必要と する。 そして、銭のなかった時代、人は石ころ一つをもって神の前に立ったのであ

十人ぐらいで歌っているように聞こえますが、三人なんです。 つまり、全然別々な歌を同時に歌っているんです。 どの歌も高い音と低い音しかないですから、ラーラーラ、ラーラーラ、ラーリーリー、リーラーラーと、そういう歌なので、よく似てはいますが、タイミングは合わないし、高さは違う。 ただとても一所懸命歌うんですね。 相手の顔をときどき見たりして、向こうが一所懸命歌っているから、私も一所懸命歌わなきゃ。 こ

bottom of page