top of page

五嶋英門


1975年茨城県出身。
1990年代後半よりビートメイカーとして活動。
2009年よりオルタナティブスペース「水戸のキワマリ荘」の管理人を務める(2021年まで)

現在はオルタナティブスペース「五月の庭」のメンバー。

ドローイング、粘土造形、映像、音楽、漂流物を使用したインスタレーションなど。

幽霊、魂、神、想像上の生き物、なんでもいいが、人の想像するもの全ては実在である。
従って「あの世」は存在せず、全ては「この世」に属する。
実在する全てはそれぞれ力の及ぶ範囲が異なるのみであるし、それは各視点によってもまた異なる。
バリエーションは無限でありながら、同時に「そうでしかありえない」ということはありえるだろう。
生物の進化過程で「意思」は考慮されないにもかかわらず、進化の口語的解説に「戦略」と言う主体的行動を指す言葉を使わざるを得ないのはなぜか。
ショーペンハウアーがかつて「意志」と言ったもの、またはエドゥアルド・コーンが示した「記号の解釈過程」その力、そのダイナミクスが世界として私たちに姿を現すのだろうか。
例えば「脈」や「呼吸」のような。
安易なスピリチュアリズムや、測定可能なこと、それらに巻き込まれることが避けられないとしても、考え続けよう。

「苦痛」と言われる何かを別の何かに言い換えることは可能だろうか?

2010年 個展「IWILLFINDYOU」 ZENSHI(東京)
2010年 「大友良英 ENSENBLES」参加 水戸芸術館(茨城)
2012年 個展「INVISIBLE WALL」 ZENSHI(東京)
2012年 茨城県近代美術館ミュージアムショップ運営(現職)

2014年 個展「マスター、スレーブ」ヤーギンズ(群馬)
2017年 グループ展「ふれるめ」 Talion Gallery(東京)
2018年 「REBORNアートフェスティバル」(宮城)
2019年 「他山の空似」 水戸のキワマリ荘(茨城)
2021年 個展「為と術」 LOOP HOLE(東京)

2022年 個展「宇宙人の幽霊」五月の庭(茨城)

など。

GOTO HIDEKADO


Born in Ibaraki, Japan in 1975.
Active as a beatmaker since the late 1990s.
Since 2009, he has been the manager of the alternative space "Mito-no-Kiwamari-so" (until 2021).

Currently a member of the alternative space "Garden In May".

Works include drawing, clay modeling, video, music, and installations using drifting objects.

 

Ghosts, souls, gods, imaginary creatures, whatever, everything one imagines is real.
Therefore, there is no "other world," and everything belongs to "this world.
Why is it that we have to use the word "strategy," which refers to proactive behavior, in the colloquial explanation of evolution, even though "will" is not taken into account in the evolutionary process of living organisms?
What Schopenhauer called "will," or what Eduard Kohn calls "the process of interpretation of symbols," its power, its dynamics, will reveal itself to us as the world. Like a "pulse" or a "breath."
Let us continue to think without being caught up in capitalist spiritualism, without being bound only by what is measurable, but by involving and being involved in it.
Is it possible to read something called "suffering" into something else?

 

2010 Solo exhibition "IWILLFINDYOU" ZENSHI, Tokyo
2010 "Otomo Yoshihide ENSENBLES" at Art Tower Mito, Ibaraki
2012 Solo exhibition "INVISIBLE WALL" at ZENSHI, Tokyo
2012 Museum Shop Management, The Museum of Modern Art, Ibaraki (current position)

2014 Solo exhibition "Master, Slave" YA-GINS, Gunma, Japan
2017 Group exhibition "Fureru-me(Eyes Of Being Touched)" Talion Gallery, Tokyo
2018 "REBORN Art Festival", Miyagi
2019 "Tazan-No-Sorani" Mito-no-Kiwamari-so, Ibaraki
2021 Solo exhibition "Na-to-Sube" LOOP HOLE, Tokyo

2022 Solo exhibition "Alien Ghosts" Gogatsu-No-Niwa(Garden in May), Ibaraki

Other exhibitions include.

 

 

bottom of page